ディルのオンラインゲーム日記

AAやPSO2等、SFファンタジー系ネットゲームを中心に

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働力をお金に換える貿易グィオニードの森から

さて、ArcheAge(以下AA)には貿易、というシステムがあります。
素材を収集・加工し。それをNPCに収める事で収入を得るシステムです。
この収集・加工・納品のプロセスに全てAAの特徴である労働力が消費されます。
ゲーム内には課金アイテムとして労働力ポーション(1000回復)が実装されており
これはユーザー間の取引が可能な品となっており、凡その相場は40金(400k)となっています

 つまり、「労働力1=4銀(400)」と置き換えることができます。

今回とりあげる品は「グィオニードの森のアップルパイ」
大陸内貿易の主流生産地であるグィオニードの森の貿易品です。これを選んだ理由は値崩れを起し難い、という点です。
 ※同じ生産地に「グィオニードの森ファー装飾品」がありますが、これは多くのユーザーが他のクエストのついでに素材を入手できる事もあり、すぐに値崩れを起こしてしまいます。

さて、素材を見て行きます
「切れた野菜50」 リンゴ15

この切れた野菜の確保方法が重要になってきます。詳しくは追記にて

切れた野菜を獲得するには、野菜の種(数種類)をNPCから買い、それを植えて時間を待ち、収穫し
それを加工するというプロセスが必要になります。
今回はトラクター満載の7個分の量をみていきます
種類別に見て行きます。が…計算などを書いていくと長ったらしくなるので簡潔に
最後に労働力をお金に換算して計算していきます
それがこちら
野菜比較
トウガラシと他の野菜で凡そ2~3金(20,000~30,000)もの差が付いている事が分る。
とはいえ収穫時間がそれぞれかなり開きがある(最短10分~最長11時間)
あくまでこれは1回あたりの比較をしたもので。一日に何回も交易する事を考慮に入れていない
リンゴの収穫が8時間周期である為、最大で1日に2回分しか収穫できないのだ。
 リンゴの収穫に合わせるなら1日2回の交易が可能だから収穫時間の早いほかの野菜を植えればよいのでは?
という意見もあるだろうが、何のことは無い。トウガラシを倍の数植えれば良いのだ

労働力を金銭化しているから金銭収支と労働力は分けた方がいいのでは?と思れるかもしれないが
最も購入費の安いキュウリ・ジャガイモと最も購入費の高いトウガラシを比べた際
トウガラシは2金に満たない金額で労働力100以上を稼いでいる事になる。実に労働力ポーションの倍の効率である。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。